オンラインスロットの注意点

オンラインスロットは稼げると評判です。

それは人件費や店舗の土地代などといった本来莫大な費用がかかるランニングコストを抑えることが出来るためです。

多くの利用者が集まりますが、遊戯台が埋まっていて遊ぶことが出来ないということもありません。

世界中から利用者が集まるので収益の桁が全然違うのです。

その浮いたお金をしっかりと海外の大手サイトはユーザーに還元することで口コミで広まってどんどん利用者が集まるのです。

日本とは桁違いに稼いでいるという人もいて一夜にして生活が変わったという人も多いです。

そんな魅力溢れるオンラインスロットにおいて気をつけなければいけない点がありますのでぜひ始める前に知っておきましょう。

税金がかかる


オンラインスロットを始めるまで全く知らなかったという人も多いですが、オンラインスロットには税金がかかるということです。

ギャンブルになのに税金がかかるの?って思うかもしれませんが、実はパチンコなどでも税金がかかっているわけです。

しかし、書面などによる手続きがないため証拠がのこらないため誰も申告していませんが自分がパチンコで勝ったというのを税務署で言えば税金をおさめろと言われてしまいます。

だから、パチンコで勝ったということを税務署などで言わないようにしましょうね!って言っても誰も言うわけがないですよね。

オンラインスロットの場合、勝ってお金を引き出そうとした場合海外から銀行へと振り込まれます。

つまり銀行にしっかりと記載されてしまうので申告をしないといけないのです。

オンラインスロットの場合一時所得というものに当たります。

これは懸賞や福引の賞金品、競馬や競輪の払い戻し金という区分になります。

税金の計算方法ってとても面倒だから嫌だなぁ~って思うかもしれませんが、計算方法はとても簡単です。

一時取得=総収入ー収入を得るための支出ー特別控除額(年間最高で50万円)÷2

が計算方法になります。

難しい言葉で言われてもイメージしづらいと思いますので例を挙げます。

元手が100万円でオンラインスロットを利用して200万円勝ったとします。

そうなると差し引き100万円の利益になりますよね。そこから特別控除額が50万円ですので50万円が「一時所得」という計算方法になるのです。

そこから課税対象が2分の1ですので最終的に25万円が課税対処となりきちんと納めなくてはいけません。

納める額が大きくないか?って思うかもしれませんが、これは法律で定められています。

またオンラインスロットで注意しておかなくてはいけないのは一時所得にはいわゆる控除というのがないということです。

昨日40万円勝って今日は10万円買ったけど、次の日に50万円負けたといっても所得がプラスマイナスゼロということになりませんので注意しましょう。

オンラインスロットの場合は送金などで必ず記録が残ってしまうため申告しなくて大丈夫でしょ?って思ったら大変なことになってしまいます。

払わなくてはいけないものに関してはきちんと支払うようにして収支をつけるようにしましょう。

収支をつけるのが面倒と思ってしまうかもしれませんが、これはオンラインスロットで稼ぐ上でも大事になってきますのできちんと収支をつけておきましょう。

元金が減るリスクもある

オンラインスロットは確かに日本の規制でがんじがらめとなっているパチスロよりも勝ちやすいと言われています。

しかし、決して全ての人が勝てるというものではありません。

勝負に勝つ人もいれば逆に負けてしまうという人もいるわけです。

何の考えもなしにプレイをしてしまえば勝てるものも勝てません。元金が失ってしまうリスクもあります。

またオンラインスロットの場合はギャンブルであり、株などと違ってインカムゲインなどもないですし、元金が減っても株の場合はよっぽどのことがないかぎり価値がゼロになるという子もありません。

オンラインスロットの場合も最悪元金がゼロになってしまう可能性もあると考えて最悪なくなっても困らない余剰金で勝負をするようにして下さい。

悪徳業者が存在する

悪徳業者が存在をするということも頭に入れておきましょう。

いかにもまともなサイトな体裁を整えておきながらもコンピューターで制御をしていて勝てないように仕組みをしていたりするところが多いです。

有名な大手サイトを利用するようにしましょう。

悪徳業者の見極め方について詳しく知りたい方はこちら↓↓

オンラインパチスロサイトは色々なサイトが存在していてその中には悪徳業者も存在しています。利用しないようにする為にしっかりと見極め方を紹介していきます。

悪徳業者が運営をしてしまったらどんなに資金力があろうとも勝てません。

きちんとした大手サイトを利用することが大事です。

特に日本人は危機管理が低く、自分が騙されてしまうということを想像できていません。

日本人はよく騙されやすいといわれていますのでオンラインスロットを利用する時は十分に注意をして吟味して厳選して選ぶようにしましょう。

オンラインスロットの注意点のまとめ

オンラインスロットで気をつけなければいけない点としてやはり見落としがちなのが税金がかかるということです。

大金を手にしてそのまま好き勝手買い物をしていたら税務署から支払いが来てものすごい困ったことになってしまったということにならないようにしましょう。

また負けるリスクもしっかりと考えた上で余剰金で大手サイトを利用することを心がけましょう。

決して暴走してお金を賭けすぎないようにしましょう。