バカラの特徴・用語・ゲームの進行について

バカラは日本ではあまり、知名度は高くないので、詳しく知らないという人も多いです。

しかし、世界中で人気を誇るバカラは絶対に覚えておきたいカジノゲームです。

バカラの特徴・用語・ゲームの進行について紹介します。

バカラの特徴

バカラは世界中で人気のカジノゲームですが、特にアジア圏では絶大な人気を誇っています。

バカラは「バカラの王様」「キングオブカジノ」とさえ言われていてアジアのカジノ場ではバカラが中心となっています。

カジノ場によってはテーブルカジノのおよそ7割近くがバカラの台という場所もあるほどの人気ですのでカジノ場に行く予定がある人は必ずバカラのルールを覚えておいた方がいいでしょう。

とはいえ、バカラのルールはとても簡単で全く未経験の人でもすぐに覚えることが出来ます。

バカラのルール

バカラのルールはとても簡単で聞けば5分もせずに始めることが出来ます。

まず、バカラは【バンカー(B)/ディーラー】と【プレイヤー(P)】に分けてカード2枚配られます。

そして下一桁の数字の合計が「どちらが「9」に近いかを予想して賭けるゲーム」です。

ルールはこれだけです。

どちらが当たるかを予想するというシンプルで簡単だからこそ世界中で広まっているのです。

■カードの数字の数え方

  • 【2~9】はそのままの数え方は基本的にはブラックジャックと同じでジョーカーはありません。
  • 【A】は【1】
  • 【10、J、Q、K】は【0(ゼロ)】

 

となります。

カードの2枚の下一桁の合計が「5」以下の場合はもう1枚カードを引きます。

どちらが勝つかを予想するゲームで、完全に運が左右するゲームだからこそ誰もが平等に遊ぶことが出来るのも人気の理由です。

バカラの用語

バカラのゲームはシンプルなルールなので、必ず用語を覚えておかなくてはいけないというものではありません。

ですが、ゲームをスムーズに進めていくうえで覚えておいてもいいでしょう。

■バンカー(BANKER)・・・後からカードが配られるディーラーのこと

■プレイヤー(PLAYER)・・・先にカードを配られる客のこと

■ヒット(HIT)・・・カードを引くこと

■スタンド(STAND)・・・カードを引かずそのまま勝負すること

■タイ(TIE)・・・引き分けになること

■ナチュラル(NATURAL)・・・最初に配られたカードの合計の1の位が8または9になることその場合は3枚目は引かずに勝負となる

■オーナーシップ・・・賭け金が最も高く設定した人。カードをオープンする権利がある

■スクイーズ(絞り)・・・バカラで配られたカードをゆっくりと確認する行為で場を盛り上げる演出

ゲームの進行

最初にプレイヤーは「PLAYER」「BANKER」のどちらが勝つ、または引き分けになるかを予想してチップを置きます。

ベットが完了したら、バンカーとプレイヤー両方にカードが2枚配られます。

その2枚の合計値が「5」以下の場合は3枚目のカードを引いて勝負となります。

どちらが勝つかを予想して、予想したほうが勝てば配当を受け取ることが出来ます。

バカラは他のゲームと違ってお金を賭けられるレートが多種多様に用意されていて、1勝負$1からの気軽な勝負が出来たり、中には1勝負数百万円といったハイローラープレイヤー向けのハイレートの台で勝負が行われています。

バカラにはオーナーシップによる「スクイーズ(絞り)」という演出があり、誰もが楽しめるのが特徴です。

ゆっくりとカードをめくっていき、周囲の目がその手に注目されるわけです。

オンラインカジノでもスクイーズの演出が体験できます。

まとめ

日本ではあまり馴染みがないバカラではありますが、海外では絶大な人気を誇り、特にアジア圏ではカジノのほとんどがバカラ台であるほど人気があります。

単純でシンプルなルールだからこそ初めてカジノ場でプレイする人でも安心してプレイすることが可能です。

オンラインカジノでも多くのプレイヤーがライブカジノでプレイをして楽しんでおり、スクイーズで盛り上がっています。

バカラをプレイする以上は必ずオーナーシップに一度でも選ばれて、スクイーズを体験してほしいと思います。

スクイーズをすることにはまってしまって、スクイーズをしたいがために多くベットするという人もいるぐらい盛り上がります。

オンラインカジノを利用するのであればライブカジノで「キングオブカジノ」であるバカラをプレイして楽しみましょう。

おすすめの記事