オアシスポーカーの特徴・ゲームの進行について

オアシスポーカーとは、プレイヤー(自分)とディーラー(親)1対1の勝負で、配られた5枚(1回のみチェンジ可能)で、手役が高い方が勝ちとなる、カードゲームです。

日本におけるいわゆる“ポーカー”に近いルールと言えます。

ランドカジノでもプレイできるところもありますし、オンラインカジノのライブカジノでもプレイできます。

オアシスポーカーの特徴・用語・ゲームの進行について紹介していきます。

オアシスポーカーの特徴

オアシスポーカーの特徴としてディーラーとの対戦方式であり、プレイヤー同士の戦いは行いません。

ディーラーに配られるカードは1枚オープンになっていてそこでカードを予想することが出来ます。

使用するカードは、ジョーカーを除く52枚で「A」が1番強く、「K>Q>J」の順で「2」が1番弱いです。

また、オアシスポーカーの最大の特徴として「カードを引く際の枚数によってコストが発生する」のが特徴です。

引く枚数によってコストが変わるということを頭に入れた上で勝負をしなければいけないのが日本のポーカーと違う点であり、非常に重要なポイントでもあります。

カードのドロー(交換)にかかるコストは以下のとおりです。

  • 1枚交換:アンティと同額
  • 2枚交換:アンティの2倍
  • 3枚交換:アンティの3倍
  • 4枚交換:アンティの2倍
  • 5枚交換:アンティと同額

 

オアシスポーカーにはフォールド(降参)が用意されています。

ドローするコストを考えて潔くこの場を流して次のゲームへと移るという選択肢も可能です。

オアシスポーカーの役(ハンド)の強さ

オアシスポーカーの役(ハンド)の強さについて紹介します。

■「ロイヤルストレートフラッシュ」・・・同じマークの「A、K、Q、J、10」の揃った最強の役。

■「ストレートフラッシュ」・・・♠の「4」「5」「6」「7」「8」など同じマークで連続した数字の5枚を揃えた役。

■「フラッシュ」・・・♦の「2」「4」「7」「J」「K」など同じマークを5枚揃えた役。

■「ストレート」・・・「4」「5」「6」「7」「8」など連続した5枚の数字を揃えた役。

■「フルハウス」・・・「9」「9」「9」と「K」「K」など同じ数字3枚と1つのペアを揃えた役。

■「スリーオブアカインド(日本ではスリーカード)」・・・「8」「8」「8」など3枚が同じ数字を揃えた役。

■「ツーペア」・・・「5」「5」と「Q」「Q」など同じ数字のペアが2つある組み合わせた役。

■「ワンペア」・・・「8」「8」など同じ数字のペアが1つの役。

■「ハイカード(日本ではブタ)」・・・何も役が揃っていない状態。ディーラーは、「A」と「K」の両方を1枚以上持ってる場合のみハイカードでも勝負をすることが出来、数字の大きさで勝負が出来ます。

上に行けば行くほど揃えるのが難しいため、確実に狙っていくか、大きく勝負をしていくかがポイントになります。

カードチェンジによるコストを考えながら役(ハンド)を揃えていきましょう。

ゲームの進行

オアシスポーカーをプレイしようと思ったら、まず最初に席に着き、アンティと書かれた枠線にチップを置きます。

オアシスポーカーの場合、カード交換の際に枚数に応じてコストが発生するため、ドローコストも踏まえてミニマムベット額を計算しなくてはいけません。

そのため、テーブルのミニマムベット額はテーブルによって違いますが、思った以上にかかってしまうこともあるため、慣れるまでは最低ベット額のテーブルからスタートするのをお勧めします。

アンティにチップを置いたらカードが5枚配られ、ディーラーは1枚だけ表向きに置かれます。

自分のカードを変更したいと思ったら好きな枚数を交換することが出来ますが、枚数に応じてコストがかかるということは頭に入れて計算して勝負をします。

場合によってはそのゲームは負けを認めて流すことも戦略の1つです。

1度だけ交換したら、後はディーラーとの勝負になります。

勝負して勝った場合は、「アンティの2倍とコール×手役の倍数分」が支払われます。

コールとは配当のことで、役の難易度によって配当が変わります。

■各コールへのベッド額に対する配当は以下のとおりです。

手役(ハンド)名 配当
ロイヤルストレートフラッシュ 1:100
ストレートフラッシュ 1:50
フォーオブカインド(フォーカード) 1:20
フルハウス 1:7
フラッシュ 1:5
ストレート 1:4
スリーオブカインド(スリーカード) 1:3
ツーペア 1:2
ワンペア・AKハイカード 1:1

※引き分けの場合はプッシュと呼び、全額払い戻されます。

例、アンティが$5なら、$10。コール$4で、ストレート(4倍)なら$16。合計$26を受け取ります。

配当割合に関してはいちいち計算は面倒だと思います。

オンラインカジノでは自動で計算をしてくれるのでわざわざ計算をする必要もなくプレイできます。

まとめ

オアシスポーカーは日本の“ポーカー”に最もルールが近いですが、大きな特徴としてカード交換の際にコストが発生するというものがあります。

このカード交換は枚数によってもコストがかかります。

また、コール(配当)なども計算が必要ですので、最初はオンラインカジノで自動で計算してくれるのに慣れてから本場のランドカジノでプレイをしたほうがいいでしょう。

役(ハンド)の難易度によって貰えるコール(配当)とカードチェンジによってかかるコストのバランスを考えながら楽しくプレイすることが出来るオアシスポーカーはオンラインカジノだからこそ楽しくプレイできるとも言えるので是非とも遊んでみましょう。

おすすめの記事