パイゴウポーカーの特徴・ゲームの進行について

パイゴウポーカーは、中国の「パイゴウ」と呼ばれるドミノの形に似たような札を使ったゲームをカジノゲームでも利用できるようにトランプに応用したゲームが「パイゴウポーカー」です。

基本的な役(ハンド)の強さなどは変わりありませんが、他のポーカーにはないゲームシステムもあり最初は混乱するかもしれません。

しかし、ポーカーゲームの中でも人気のトランプゲームで、好きな人は大好きなカジノゲームで深い戦略が魅力的と言えます。

是非ともルールや仕組みを覚えてライブカジノやランドカジノでプレイしてみて下さい。

パイゴウポーカーの特徴・ゲームの進行について紹介します。

パイゴウポーカーの特徴

パイゴウポーカーはプレイヤー同士の戦いではなく、ディーラーとの1対1で勝負を楽しむポーカーゲームです。

また、通常のポーカーと違う点として、7枚のカードが配られるという点と、ポーカーでも珍しい『ジョーカーも使用するポーカー』という特徴です。

基本的にジョーカーはあまり使う機会が無いことが多いポーカーゲームが多いので珍しいと言えます。

また、通常のポーカーで最も強い役(ハンド)は「ロイヤルストレートフラッシュ」ですが、パイゴウポーカーではさらに上の強い手役(ハンド)として「4枚のカード+ジョーカー」を揃える【ファイブ・オブ・ア・カインド(Aのみ)】という役があります。

また、パイゴウポーカーは1度の勝負に「ハイハンド」と「ローハンド」でそれぞれの場所で役を作る必要があります。

この2つの戦う場所があるというのが他のポーカーにはない珍しいルールです。

特殊なゲームの為、最初は混乱するかもしれませんが、やれば分かりますが、非常に面白いポーカーです。

それぞれ役を作る必要があるため、ゆっくりとした勝負を楽しみたいという人にも向いています。

パイゴウポーカーの役(ハンド)

パイゴウポーカーの手札の役について説明します。

パイゴウポーカーはジョーカーを用いた手役もあります。

■「ファイブ・オブ・ア・カインド(Aのみ)」
・・・「A」のカードを4枚+ジョーカーを加えた最強の役。

■「ロイヤルフラッシュ」
・・・同じマークの「A・K・Q・J・10」の揃える役。

■「フォーオブアカインド(日本ではフォーカード)」
・・・同じ数字を4枚揃える。例:「J」「J」「J」「J」など。

■「ストレートフラッシュ」
・・・同じマークでかつ連続した数字の5枚のカード。例:♦の「1」「2」「3」「4」「5」など。

■「フラッシュ」
・・・同じマークを5枚揃える。例:♥の「3」「4」「9」「J」「K」など。

■「ストレート」
・・・連続した5枚の数字を揃える。例:「5」「6」「7」「8」「9」など。

■「フルハウス」
・・・同じ数字3枚と1つのペアの組み合わせ。例:「4」「4」「4」のペアと「Q」「Q」など。

■「スリーオブアカインド(日本ではスリーカード)」
・・・3枚が同じ数字を揃える。例:「2」「2」「2」など。

■「ツーペア」
・・・同じ数字のペアが2つある組み合わせ。例:「10」「10」と「J」「J」など。

■「ワンペア」
・・・同じ数字のペアが1つ。例:「2」「2」など。

■「ハイカード」
・・・何も役を揃えられていない状態。

ジョーカーの扱い方

パイゴウポーカーはルール上ジョーカーを使うことが出来ます。

ジョーカーはどんな数字としても扱えるオールマイティカードになります。

そのためジョーカーが来たら最低でもワンペアが確定で、フラッシュやストレートの数字の代用として利用できるのです。

例えば「2・3・4・5」と数字が揃っている場合、ジョーカーがあればジョーカーを「A」として扱いストレートとして役を揃えることが出来まし、フラッシュの場合でも4つまで、同じ柄揃っていていて、ジョーカーを持っていたらフラッシュ確定となります。

ジョーカーを引いたら勝つ可能性が一気に高くなります。

ゲームの進行

最初にチップを置いて、ディールボタンをクリックすると、7枚のカードがディーラーから配られます。

この7枚のカードを2つの手に分けて、それぞれ勝負します。

  • 5枚のカードをハイハンド(ファーストハイハンド)。
  • 2枚のカードをローハンド(セカンドハイハンド)。

と分けて戦います。

下記の図のようにそれぞれ役を作る必要があるのです。

そしてそのどちらにも勝利してはじめて配当を受け取ることが出来ます。


ハイハンドの場合、ポーカーの手役(ハンド)を揃えて強いほうが勝ちます。

ローハンドでは最も強いのが「ワンペア」で、それ以降はカードの数字の合計値が強いほうが勝ちです。

ローハンドの場合、例え「A」と「K」を揃えていても「2」のワンペアのほうが強いので注意が必要です。

「A」が一番強く「K・Q・J・10」の順に弱くなります。

そして必ずハイハンドの方が強い役(ハンド)を作らなくてはいけないということになります。

ハイハンドが役(ハンド)を揃えていないのにも関わらずローハンドでワンペアというのは出来ません。

役を作るときにディーラーのカードは見ることが出来ません。

勝てば貰えて、引き分けの場合は返金、負ければチップは没収となります。

まとめ

パイゴウポーカーはハイハンドとローハンドの2つの場所で勝負を行い、そのどちらにも勝利をしなくてはいけないというのがあります。

他のポーカーゲームにはない特殊ルールのため、最初は戸惑い、混乱されるかもしれませんが、1度に2つの場所で勝負をするという深い戦略性が必要です。

あえて役がうまいこと揃わなかったら引き分け目的でプレイをしたりするのも戦略の1つです。

プレイすればするほどどんどんパイゴウポーカーの魅力や楽しさが分かってくると思います。

他にはない珍しいポーカーゲームはランドカジノやオンラインカジノでプレイできるので是非とも遊んでみましょう。

おすすめの記事