テキサスホールデムポーカーの特徴・用語・ゲームの進行について

日本でもポーカーの知名度は高く一度はプレイしたことがあるという人もいるかもしれませんが、日本で広く知られているのはいわゆるドローポーカーと言われているもので、世界中でプレイされているのはテキサスホールデムポーカーといいます。

ゲームの進行や用語など、色々とありますが、世界中で楽しまれているゲームですのでぜひとも利用しましょう。

テキサスホールデムポーカーの特徴・賭け方・役(ハンド)の強さ・ゲームの進行について紹介します。

テキサスホールデムポーカーの特徴

テキサスホールデムポーカーは日本ではあまり知られていないかもしれません。

ドローポーカーの場合は5枚で勝負をしますが、テキサスホールデムポーカーの場合は使用カードはジョーカーを除いた52枚のカードを使用し、プレイヤーに配られる2枚のカードと、テーブルに置かれている共通のコミュニティカード5枚の合計7枚の中から最強の手札(ハンド)を作って「2~10人」までのプレイヤー同士で勝負をします。

全くポーカーをこれまで利用したことがないという人の場合、最初に役(ハンド)を覚えなくてはいけなかったり、ゲームの進行も同時に覚えなくてはいけないので他のカジノゲームよりかはハードルが高いかもしれません。

しかし、それ以上に緊張感溢れる勝負を楽しむことが出来ます。

ポーカーフェイスの語源はカジノゲームのポーカーから生まれていて、相手に手の内を読ませないようにします。

ポーカーの場合は役(ハンド)の強さよりも相手をブラフ(嘘)によって迷わせたりします。

強い役ではなくても強く見せたり、逆に弱く見せたりと相手との心理戦・駆け引きが重要になってくるのです。

ちなみにディーラーと戦う場合のポーカーの場合はスリーカードポーカーと言います。

テキサスホールデムポーカーの役(ハンド)の強さ

最初にテキサスホールデムポーカーの役(ハンド)の強さを知らないとゲームにならないので最初に覚えておくようにしましょう。

■「ロイヤルストレートフラッシュ」・・・同じマークの「A・K・Q・J・10」の揃った最強の役。

 

■「フォーオブアカインド(日本ではフォーカード)」・・・「4」「4」「4」「4」など同じ数字を4枚を揃えた役。

 

■「ストレートフラッシュ」・・・♣の「1」「2」「3」「4」「5」など同じマークで連続した数字の5枚を揃えた役。

 

■「フラッシュ」・・・♦の「A」「7」「3」「5」「8」など同じマークを5枚揃えた役。

 

■「ストレート」・・・「5」「6」「7」「8」「9」など連続した5枚の数字を揃えた役。

 

■「フルハウス」・・・「3」「3」「3」と「J」「J」など同じ数字3枚と1つのペアを揃えた役。

 

■「スリーオブアカインド(日本ではスリーカード)」・・・「Q」「Q」「Q」など3枚が同じ数字を揃えた役。

 

■「ツーペア」・・・「2」「2」と「10」「10」など同じ数字のペアが2つある組み合わせた役。

 

■「ワンペア」・・・「A」「A」など同じ数字のペアが1つの役。

 

■「ハイカード(日本ではブタ)」・・・何も役が出来ていない状態。

 

ポーカーは役(ハンド)を覚えないとゲームになりません。最初覚えるのが大変かもしれませんが、オンラインカジノで見ながらでもいいので覚えておくようにしましょう。

また、役(ハンド)の強さというのは上から順に強くなっていて、揃えるのが難しいです。

上位5つは揃えられる可能性がかなり、低く無理に揃えようと狙っていくと結局揃わず「ハイカード」となってしまうことも多いです。

そのため、確実にツーペアやスリーカードなどで勝負をするかどうかの安全策をとってブラフで強気の姿勢を見せてもいいでしょう。

その場の状況によって狙う手を変えたりして勝負を行います。

テキサスホールデムポーカーの用語

テキサスホールデムポーカーをスムーズにプレイするために用語を覚えましょう。

■「ベット」・・・チップを賭けること。チップ額も一緒に声を出して、他のプレイヤーに伝える。

■「コール」・・・その場に賭けられている金額に対して同額のチップを賭ける。

■「チェック」・・・賭け金を賭けず次のプレイヤーへと回す。

■「フォールド」・・・ゲームを降りること。負けが確定となり、それまでの賭け金は失われる。ゲームが進行していけば金額が上乗せされる。損が膨らまないように最小限の損失に留める。

■「レイズ」・・・場に賭けられている額にさらにチップを上乗せすること。チップの金額も一緒に声を出し、他のプレイヤーに伝える。

■「リレイズ」・・・他のプレイヤーがレイズを行った場合、レイズの金額より、さらに金額を上乗せすること。チップ額も同時に声を出して、他のプレイヤーに伝える。

■「オールイン」・・・自分の手元のチップすべてを賭けること。

■「ミニマムベット」・・・ゲームを開始するための必要な最低限のチップ額

■「ミニマムレイズ」・・・レイズする際の最低額

ゲームの進行をスムーズにするための用語ですので大変ですが、覚える必要があります。

ゲームの進行

テキサスホールデムポーカーの進行について説明します。

「プリフロップ」「フロップ」「ターン」「リバー」の合計4回のラウンドを重ねてゲームが進行します。

 

・第1ラウンド(プリフロップ):1回目のベッティング

第1ラウンドの「プリフロップ」はプレイヤーへ手元に2枚のカードが配られた最初の状態です。コミュニティカードはまだ開いていません。2枚のカードの状態から、チップを賭けて勝負を行うか降りるかを選択します。

 

・第2ラウンド(フロップ):2回目のベッティング

第2ラウンド(フロップ)が始まる前にディーラーが、最初に山札の一番上のカードを1枚捨てます。これは慣例的なもので不正防止の予防対策で一番上のカードが万が一プレイヤーに見られてもいいようにするための対策です。山札の一番上のカードを1枚捨てた後に場にコミュニティカード5枚のうち3枚のカードが表向きに並べられます。手元のカードと合わせて合計5枚の状態でチップを賭けて勝負を行うかゲームを降りるかを選択します。

 

・第3ラウンド(ターン):3回目のベッティング

第3ラウンドのターンで、場札に4枚目のカードが表向きに並べられ、手元にある2枚のカード、ボードに並べられたコミュニティカード4枚のカードの合計6枚の状態でチップを賭けて勝負を行うかゲームを降りるかの選択をします。

 

・第4ラウンド(リバー):4回目のベッティング

第4ラウンド「リバー」で、場のコミュニティカード5枚すべてが表向きに並べられた状態。最終ラウンドで合計7枚のカードの中から最も強い役(ハンド)を作ります。最後の段階でチップを賭けて勝負を行うかゲームを降りるかの選択をします。

最後までゲームを降りずに残ったプレイヤー同士で手札を公開しあい、一番強いハンドを作った人が勝利で、これまでの掛け金すべてを受け取ることが出来ます。

これを何度も行い勝負をします。

プレイヤー同士による緊張感のある心理戦を楽しみましょう。

オンラインカジノでもライブカジノで大人気ですし、トーナメントなども開催されていて非常に盛り上がります。

まとめ

テキサスホールデムポーカーは色々と覚えることがあり、他のカジノゲームと比べるとハードルが高いかもしれません。

役(ハンド)を覚えたり、ゲームの進行も覚えたり、用語も覚えなくてはいけません。

面倒かもしれませんが、それ以上にプレイヤー同士の熱い駆け引きが行われるので楽しい時間を過ごすことが出来ます。

自分の手が悪くても良さそうに振舞ったり、逆に手が悪そうに見せながら実は良い役(ハンド)を揃えていて賭け金をあげさせたりと勝負は駆け引きが重要になってきます。

テキサスホールデムポーカーはプレイしてみてその楽しさや魅力を肌で味わうことになると思いますのでぜひとも覚えてオンラインカジノでプレイしてみましょう。

おすすめの記事