ルーレットの特徴・賭け方・ゲームの進行について

ルーレットの特徴・賭け方・ゲームの進行について紹介します。

ルーレットは日本でも知名度が高いカジノゲームですが、馴染みがないため遊んだことがないという人もいると思いますので消化します。

ルーレットの特徴

ルーレットは日本で滅多にプレイすることが出来ません。

お目にかかる機会がないため、どうしても名前ぐらいしか聞いたことがないという人はいます。

逆に言えば日本でほとんどお目にかかる機会がいないのにも関わらず、何となくはイメージできると言うほどですから世界中で人気があるのも分かりますよね。

「カジノの女王」「クイーンオブカジノ」とも言われているルーレットは多くの人が楽しんでいるゲームで、今までルーレットを利用したことがない人でもすぐに始めることが出来るほど簡単でシンプルなゲームでもあります。

 

ルーレットのルール

ルーレットのルールは簡単です。

最初に数字が書かれた1つ1つのポケット(穴)がある円盤を回転させます。

そこにディーラーが球を投げ入れて、どの数字の穴に入るのかを予想するゲームです。

基本的にどのポケット(穴)に入るのかを予想するゲームとさえ覚えておけば始めることが出来ます。

ルーレットには「アメリカン式」「ヨーロピアン式」「フレンチ式」などいくつか地域や場所によって種類があります。

主流は「アメリカン式」と「ヨーロピアン式」の2つだけであり、どちらも人気があります。

そのためオンラインカジノも2種類揃えているところもありますが、2種類の違いはそこまでの違いはなく、円盤の数字の並びが違う点と、「00」の数字があるかないかの違いぐらいです。

 

  • 「アメリカン式」は「00」があり、ホイールは連続する数字が対角線上に位置している。
  • 「ヨーロッパ式」は「00」がなく、特に数字の並びに決まりはありません。

 

日本で主流なのはどちらかといえば「アメリカン式」ではないでしょうか?

基本的にはディーラーが投げた球がどのポケット(穴)に入るのかを予想します。

ルーレットの場合賭け方によって配当が変わって。

賭け方は色々なパターンがありますが、最初にすべてを覚えておかなければならないということも必要もありません。

オンラインカジノの場合は賭け方や配当の割合などもシステマ化されてサポートされるのですぐに遊ぶことが出来ます。

 

ルーレットの賭け方

ルーレットではルールはシンプルですが、賭ける方法がいくつもあるので最初は覚えるのが大変と思うかもしれません。

しかし、全部を覚えないと遊ぶことが出来ないということでもないです。

賭け方は大きく分けて「インサイド・ベット」と「アウトサイド・ベット」の2種類があります。

 

■インサイド・ベット・・・テーブルの「1~36」までの数字に対して賭ける方法。

□アウトサイド・ベット・・・数字が書かれている場所以外のエリアや対して賭ける方法。

 

賭ける方法が何パターンかあるのでそれぞれ説明していきます。

 

■インサイド・ベットの賭け方

インサイド・ベットの賭け方について説明します。

・ストレート・アップ(Straight-Up)・・・配当は36倍。ストレート・アップは36個ある数字と「0」「00」を含めた数字に一点掛けする方法。

 

・スプリット・ベット(Split Bet)・・・配当は18倍。2点賭けのことで、隣り合う2つの数字に賭ける方法です。例えば「17」と「20」の両方の数字の間にチップを乗せて賭けます。

 

・ストリート・ベット(Street Bet)・・・配当は12倍。3点賭けのことで別名「トリオ・ベット」とも言います。縦1列の数字3つに対して賭ける方法です。例えば「16」「17」「18」に賭けます。

 

・コーナー・ベット(Corner Bet)・・・配当は9倍。別名「スクエア・ベット」とも言います。4つの数字に対して賭ける方法です。例えば「16」「17」「19」「20」に賭けます。

 

・ダブル・ストリート・ベット(Double Street Bet)・・・配当は6倍。別名「Line bet(ラインベット)」とも言います。縦2列の数字6つに対して賭ける方法です。例えば「16」「17」「18」「19」「20」「21」に賭けます。

 

・フォー・ナンバー・ベット(Four Numbers bet)・・・配当は8倍。フォー・ナンバー・ベットはヨーロピアンルーレットでのみ賭けることが出来る賭け方です。数字の「1,2,3+0」の4つの番号に対して賭けます。

 

・ファイブ・ナンバー・ベット(Five Numbers Bet)・・・配当は7倍。ファイブ・ナンバー・ベットはアメリカンルーレットでのみ賭けることが出来る賭け方です。数字の「1,2,3+0,00」の5つの番号に対して賭けます。

 

□アウトサイド・ベットの賭け方

アウトサイド・ベットの賭け方について説明します。

 

・ダズン・ベット(Dozen Bet)・・・配当は3倍。ダズン・ベットは「1st 12(1~12の数字)」「2nd 12(13~24の数字)」「3rd 12(25~36の数字)」のエリアごとに対して賭けます。

 

・カラム・ベット(Column Bet)・・・配当は3倍。カラム・ベットはテーブルの数字のレイアウト「縦1列、横3分割」にして、上・中央・下の段のそれぞれ12個の数字に対して賭けます。

 

・レッド・ブラック(Red-Black)・・・配当は2倍。テーブルの数字は赤と黒のどちらかに色分けされていてどちらかに賭けます。

 

・ハイ・ロウ(High-Low)・・・配当は2倍。ハイ(19~36)かロー(1~18)のどちらかに賭けます。

 

・オッド・イーブン(Odd-Even)・・・配当は2倍。「奇数/Odd」か「偶数/Even」のどちらに賭けます。

 

ルーレットは多種多様、色々な賭け方がありますが、決してすべての賭け方をおぼえておく必要はありません。

オンラインカジノではサポートしてくれるので賭け方が全く知らない状態でもスタート出来ます。

また、1回のゲームに複数の賭け方をしてもいいので、自由に好きなだけ賭けましょう。

ゲームの進行

最初にチップを自由に置きます。

ある程度置き終わってそれ以上、他のプレイヤーが賭けないとなったら、ディーラーが「ノーモアベット(No More Bet)」とコールします。

ディーラーがコールしてからは賭けることが出来ません。

コールした後にチップを置いた場合は、無効、もしくは没収となりますので注意してください。

ディーラーがホイールを回し始めた後に、球を投げ入れてポケット(穴)が落ちた場所に賭けていたら賭け方によって配当を受け取ることが出来て、外れたら没収です。

よくリゾートカジノ場のディーラーは配当を間違えたりすることもあるらしいですが、オンラインカジノの場合は自動で対応してくれますので自分が配当を覚えていなくてもプレイできるので安心して利用できます。

まとめ

カジノの女王とさえ言われているルーレットは昔から世界中でプレイヤーがいます。

リゾートカジノ場には必ずと言っていいほどテーブルが用意されています。

日本でもルールが分からなくても知名度は抜群のルーレットをぜひともオンラインカジノのライブカジノでプレイしてみましょう。

おすすめの記事