スリーカードポーカーの特徴・用語・ゲームの進行について

ポーカーと言えば世界的に主流となっている「テキサスホールデムポーカー」が基本です。

テキサスホールデムポーカーをはじめポーカーは色々なルールが各地で誕生しています。

色々なルールがある中で基本的に5枚で役を揃えることが多い、ポーカーの中でもスリーカードポーカーは3枚のカードを使って利用できる役の強さで勝ち負けを決めることになります。

また、スリーカードポーカーはプレイヤー同士の戦いではなく、ディーラーとの戦いでカードのチェンジをする必要もないため、最初に配られたカードでの勝負となります。

駆け引きする必要がなく、運要素が強いポーカーゲームです。

スリーカード ポーカーの特徴・賭け方・役(ハンド)の強さ・ゲームの進行について紹介します。

スリーカードポーカーの特徴

スリーカードポーカーは基本的に最初に配られたカードでのみ勝負を行います。

手札は3枚のカードで行われ、使用するカードはジョーカーを覗く52枚の「A」が強く「2」が一番弱いカードで勝負を行います。

ディーラーは役(ハンド)がない状態でも、手札に「Q」以上のカードを持ってる場合は数字の大きいほうが勝ちとなります。

逆に「Q」以上のカードがない状態で、手役が揃っていない場合はディーラーは必ず勝負を降ります。

ハイカードでも手札に「Q・K・A」がある場合は思い切って勝負をしてみてもいいでしょう。

スリーカードポーカーの役(ハンド)の強さ

スリーカードポーカーの役について紹介します。

上から順に役(ハンド)が強いです。

※通常のポーカーと役の強さが変わるので注意して下さい。

■「ストレートフラッシュ」・・・同じマークでかつ、連続した数字の3枚カード。例:♦の「1・2・3」など。

■「スリーオブアカインド(日本ではスリーカード)」・・・3枚が同じ数字を揃える。例:「10・10・10」など。

■「ストレート」・・・連続した3枚の数字を揃える。例:「3・4・5」など。

■「フラッシュ」・・・数字の並びを気にせずに同じ柄のカードを3枚揃える。例:♠の「1・9・Q」など。

■「ペア」・・・同じ数字のペアが1つ揃える。例:「A・A」など。

■「ハイカード」・・・役が揃っていない状態。お互いに役が揃っていない場合で「Q」以上が手札にあればディーラーと勝負することになり、数字が大きいほうが勝利となります。

ゲームの進め方

スリーカードポーカーの進め方として、最初にアンティ(ANTE)と書かれたボックス(枠線)に、賭けたい額のチップを置きます。

ディーラーとの勝負に勝てば賭けた分の2倍の配当を受け取ることが出来ます。

また、アンティとは別にペアプラス(PAIR PLUS)にも賭けることもできます。

ペアプラスとはワンペア以上の役を作った時に配当が支払われるシステムで、役の難易度によって配当が支払われる仕組みです。

任意でペアプラスにチップを置きます。

ペアプラスのシステムを使う事で、自分に強い手役が出来たのにも関わらず、賭けた分の2倍しか貰えないという勿体ない事態を防ぐことが出来ます。

※ペアプラスのみに賭けることはカジノによっては禁止している所もあるので頭に入れておきましょう。

獲得する条件は以下のとおり(配当はカジノにより若干異なる)

・ワンペア(2倍)
・フラッシュ(5倍)
・ストレート(6倍)
・※スリー・オブ・ア・カインド(31倍)
・ストレートフラッシュ(41倍)
※「スリーカード」日本固有の呼び方で、海外では通じないのでランドカジノで遊ぶ際は要注意

また、スリーカードポーカーでは、「フラッシュ」よりも「ストレート」が強かったり「スリーオブカインド」が「ストレート」よりも上だったりと役(ハンド)の強さが変わるので注意しましょう。

まとめ

スリーカードポーカーは数あるポーカーの中でも3枚のカードで勝負をするということで非常に珍しいポーカーゲームです。

カードの交換の必要もなくディーラーとの勝負になるため、純粋な運での勝負を行うことになります。

通常の役の強さと違ったりしますので最初は戸惑われるかもしれませんが、プレイしていくうちに慣れていくと思います。

アンティ(ANTE)とペアプラス(PAIR PLUS)を上手に使い分けて勝負をしていきましょう。

おすすめの記事