オンラインカジノのライセンス制度監査機関について

オンラインカジノはライセンス制度があり、誰もが簡単にオンラインカジノを運営できるわけではありません。

またライセンスを取得した後も厳しい監査機関によるチェックが行われています。

オンラインカジノ業界の関係性や監査機関について説明します。

オンラインカジノ業界の関係性

オンラインカジノ業界は運営側とプレイヤーの2つだけではありません。

オンラインカジノ業界は5つの関係性で成り立っている業界です。

オンラインカジノ業界の関係性
【政府・監査委員会】
・オンラインカジノの運営会社が健全で公平な運営しているかを判断し、政府により認められた場合はライセンスを発行する。

ライセンス取得後も監査として常に監視の役割を担う。

【運営会社】
・オンラインカジノを運営している会社。オンラインカジノゲームをプレイヤーに提供する。トラブルがあればすぐに運営停止となる。

【プレイヤー】
・オンラインカジノゲームを利用する人。オンライン決済会社を通じてお金を入金し勝負を楽しむ。

【ソフトウェア会社】
・オンラインカジノの運営会社と提携し、オンラインカジノゲームのソフトウェアを提供する会社。不正プログラムが入っているかどうかも必ず確認され、問題がなければプレイが可能となる。

【決済会社】
・オンラインカジノの運営会社と提携し運営会社とプレイヤーとのお金の送金を仲介する会社。

オンラインカジノの場合、クレジットカードが使えないケースがほとんどです。

最初から使えないパターンもあれば、最初は利用することが出来ても使い続ければエラーとなるケースもあります。

クレジットカードが使えなくなった場合に、一度オンライン決済会社に入金をして、オンライン決済会社からオンラインカジノへ送金をして入金するというのが流れが一般的です。

間にオンライン決済を挟む必要があります。

他には近年、ビットコインをはじめとした仮想通貨を利用して送金出来るところが増えてきました。

ビットコインの場合も仮想通貨取引所でビットコインを購入して、そこからビットコインを送金して利用するという流れになります。

ライセンス制度の導入

そもそもライセンス制度が導入された経緯としてプレイヤーを守るためにライセンス制度が導入されました。

ライセンス制度が導入される前までは様々な悪徳業者が沢山存在していました。

不正プログラムによってプレイヤーが勝てないように仕組まれていたり、入金をしたのに反映されない、出金出来ないなどトラブルが続出したのです。

警察なども悪徳業者を取り締まっていたりもしたのですが、キリが無いということで、政府が管理する方針に切り替えてライセンス制度を導入したのです。

これによってライセンスを持っているところは政府などが審査し、問題が無いと判断されたわけですし、ライセンス発行後も厳しい監視を受けるのでプレイヤーは安心して利用することができるようになりました。

ライセンスを発行する場所は世界20箇所にのぼる

ライセンスが発行されている場所というのは1つだけではありません。

世界中に存在し、その数は20箇所を超えると言われています。

そもそもカジノが認められている国や領・島が管理し、ライセンスを発行するのですが、ライセンスの取得難易度というのは統一されているわけではないのです。

非常に厳しく一流企業や上場企業でもなかなか取得することが出来ないライセンスもあれば、簡単にライセンス料を毎年払えば簡単に発行してくれる場所もあります。

プレイヤー側からしてみれば統一して欲しいと思うかもしれませんが、現実的には国や領・島内での財政状況などによって変わってくるのは仕方が無いことでもあります。

プレイヤー側としてはどこのライセンスが安全で、逆に危険なところはどこなのかを見極める必要があります。

ライセンスの取得が非常に難しく、ここのライセンスを取得していれば何の心配もなく利用できると言われているライセンスは下記一覧です。

  • イギリス(UK)
  • マルタ共和国(オランダ領)
  • キュラソー島
  • ジブラルタル
  • マン島
  • オルダニー島
  • アイスランド

最高レベルの取得難易度と言われています。

また、これに続いて、フィリピンやオーストラリア北方領・カナダのカナワケなどでもライセンスが発行されています。

逆にライセンスを取得していても信頼性に欠けると言われているのが、中南米系のライセンスです。

コスタリカ・ベリーズ・パナマなどが発行するライセンスは・毎年お金を払えば簡単に取得出来てしまうと言うことから気をつけなくてはいけません。

信頼性に欠けるライセンスを取得しているから悪徳業者というわけではないですが、やはりわざわざリスクを犯してまで利用する必要性はないですよね。

取得が難しいと言われているライセンスを所有しているところを利用しましょう。

とはいえ、日本語対応されているところといえば基本的に最初から日本人プレイヤーをターゲットにしているところか、大手しか無いと言っていいでしょう。

そこまで神経質にならなくてもいいですが、必ず利用する前にどのライセンスを取得しているかどうかはホームページ上で公開されていますので確認しておきましょう。

優良のオンラインカジノの条件について知りたい方はこちら

常に監視する監査機関

ライセンスを取得していないサイトは絶対に手を出してはいけません。ライセンスを取得していないところは違法営業だからです。

ライセンス制度によってプレイヤーが安全に利用できるようになり、オンラインカジノ業界全体が健全化されました。

しかし、ライセンスを取得する時だけはまじめな運営をしてライセンスが発行されたら悪徳業者に変わるのではないか?という不安を抱く人もいるのではないでしょうか?

そんなことがないようにオンラインカジノ業界では運営会社を監視する機関が存在します。

もちろんライセンスを発行した政府も常に監視しているのですが、審査機関は独立した「第三者機関」が監視しています。

知り合い同士が監視しあっても意味はありませんから第三者機関がチェックをしているということがプレイヤーも信頼出来ますよね。

政府以外の特に信頼性が高い代表的な第三者監査機関を紹介します。

eCOGRA(イーコグラ)


信頼できる調査機関として有名なのがeCOGRA(イーコグラ)です。

イーコグラとは、2003年に設立された独立監査機関であり、主にオンラインカジノの運営会社とプレイヤーの間でトラブルが起こった際にあくまでもプレイヤー保護を目的として作られた機関です。

eCOGRA(イーコグラ)は、公平な立場からオンラインカジノに関する厳しい基準を設けており、この審査項目は細部にまでわたり「一度の審査で合格する会社はない」と言われるほど厳しいと言われています。

さらに一度審査に合格をしたとしても定期的なチェックが行われ、その際に基準に満たなければ容赦なく認定を外されてしまいます。

運営側としてもこれだけ厳しいeCOGRA(イーコグラ)の審査基準に合格をしているとなればプレイヤーから信頼性の高い会社として見られるのでアピールにも繋がるわけです。

万が一オンラインカジノとトラブルが発生した場合はeCOGRA(イーコグラ)に間に入ってもらえば対応をしてくれます。

大きなトラブルになるというのは今はそんなに怒るものではありませんが、イーコグラというプレイヤー保護を目的とした団体もあるということを覚えておきましょう。

TST(Techinial Systems Testing)

TSTはオンラインカジノの運営側ではなくて、オンラインカジノゲームのソフトウェアに不正プログラムなどが入っていないかをチェックする監査機関と言えます。

不正プログラムなどが入っていたらどんなにプレイヤー勝負をしても勝てない仕組みになっています。

また、不正プログラムを導入していたことが発覚すればオンラインカジノの運営側としても不正プログラムが入っていたソフトをサイト内で提供していたとなれば運営会社も被害を受けることになってしまいます。

ソフトウェアの公平性をチェックしてくれるのは運営側も助かりますし、TSTの審査が通ったところを提携・配信すれば良いわけですから安心できます。

もともとはラスベガスのカジノ店のスロットマシンや宝くじの監査を行っている機関なのですが、そのノウハウを活かしてオンラインカジノのソフトウェア会社の監査機関にも選ばれているのです。

監査機関としてTSTはとても重要な役割を担っていると言って良いでしょう。

まとめ

オンラインカジノ業界を取り巻く関係性やライセンス制度、監査機関などによって成り立っているためプレイヤーは安心して利用することが出来ると言って良いでしょう。

オンラインカジノって海外のサイトだから不安に思うかもしれませんが、こういった環境が整っているのは不安を解消してくれます。

オンラインカジノには悪徳業者が非常に少ないので初めて利用する人も安心です。

おすすめの記事