ブックメーカーの特徴や魅力について

ブックメーカーはスポーツベットとも呼ばれており、その名前の通り、主にスポーツの勝敗を予想してベットするものです。

日本でもインターネットの利用率の増加や、海外スポーツに対してファンも増えてきたこともあり、ブックメーカーの存在を知る機会も増えて近年プレイする人が増えてきています。

ブックメーカーを利用することでただ、純粋に勝負を観戦するだけ以上にさらに熱くなります。

スポーツの勝敗にリアルマネーを賭けることが出来ます。

先日も日本で一大ブームを巻き起こし、日本中を感動の渦を巻き起こしたラグビーの試合だったり、プロ野球のクライマックスシリーズやサッカーのワールドサッカーなどの試合でリアルマネーを賭けることが出来るのです。

「勝敗を予想してどちらが勝つかをリアルマネーを賭けて予想する」というのはとてもエキサイトします。

ここではブックメーカーの魅力について紹介していきます。

ブックメーカーについて

ブックメーカーについてまずは知っておくべきことを紹介します。

違法ではないの?

一番気になることが違法ではないのか?という点だと思います。

日本で賭け事をしたら賭博行為に当たるのでは?って考える人も多いかと思いますが、これもオンラインカジノと同様に、海外で運営されている分には問題なく安心して利用することが出来ます。

ブックメーカーはオンラインカジノと同様に海外での参加は規制されていません。

日本で行ってしまった場合は捕まってしまいが、海外のサイトを自宅から参加する分には規制がないので、オンライン上で遊ぶ分には罪に問われないのです。

これまでに逮捕者が出たこともなく、ましてや逮捕されるような法律もありませんので安心して利用することが出来ます。

ただし、オンラインカジノ同様に今後法律が出来たりした場合は分かりませんので、注意は必要です。

ブックメーカーの魅力

ブックメーカーの魅力について紹介します。

様々なスポーツに対してベットすることが可能

ブックメーカーはバリエーション豊富に様々なスポーツにベットをすることが出来ます。

野球やサッカーやテニスといった日本でもメジャーなスポーツの他にもクリケットやホッケー、ロードレースなど多種多様なスポーツがあり、近年注目のeスポーツにも対応しています。

また、ブックメーカーサイトによっては日本のプロリーグである野球・Jリーグ・バスケットのBリーグにも対応しています。

さらに日本の大相撲にも対応していたりと本当に種類は豊富です。

また、純粋な勝敗だけでなく、サッカーで言ったら誰が得点したのかだったり、相手に2点差以上をつけて勝たないと勝利とならないなどのハンデ戦などもあったりします。

賭け方はバリエーションが豊富なため複雑そうに見えてしまうかもしれませんが、シンプルに最初は勝敗予想だけをしつつ慣れてきたら様々なものにチャレンジしても良いと思います。

応援しているプレイヤー個人を応援するのもいいですし、チームを応援しても良いですし、大きな大会の時だけ参加するなど自由な使い方が出来ます。

スポーツベット以外も賭けることが可能

スポーツ以外にもベットすることが出来るのがブックメーカーの面白い所でもあります。

アメリカの大統領選挙などはかなり盛り上がっていて、ブックメーカーが盛んな国や地域では「大手ブックメーカーでは△△が優勢との見方です。」といったことも言われたりするなど世界では認知されています。

政治関係のバリエーションは豊富で、イギリスのEU離脱の時なども話題に取り上げられました。

さらにイギリス王室に子供が誕生した時などは子供の名前がどれになるかを予想したりしていました。

日本でやったら不謹慎だ!と大炎上するかもしれませんが、逆に言い換えるとブックメーカーが盛んであるイギリスではそれだけ受け入れられており、1つのお祭りイベントとなっているのです。

他には明日の天気を予想するといった面白いものもあるのでベットしていて飽きません。

自分の専門的な知識を活かせるのも大きいです。

還元率が高い

ブックメーカーの魅力の1つとしてやはり還元率の高さがあります。

還元率は何かというと簡単に言えば、還元率とはギャンブルを運営している側(俗に胴元)が、プレイヤー全体から集めた賭け金(投票額)から払い戻す割合を示す数値です。

ギャンブルにおいて非常に重要な指標と呼ばれており、この数値が高ければ高いほど、俗に勝ちやすいと言われています。

控除率は、還元率の反対のことを指しており、運営側の目線で、賭け金総額からどれだけ回収するかの割合を意味していて、払い戻し率が低ければ低いほど運営側はプレイヤーに良心的と言われています。

例えば還元率が60%なら、控除率は40%で、還元率が95%ならば控除率は5%で「還元率+控除率=100%」となります。

還元率が60%の場合集まった、賭け金の総額が1000万円とした場合、600万円がプレイヤー側に戻ってきて、400万円は運営側の取り分となります。

運営者は、その400万円から人件費や諸々の運営コストを支払って残りを利益とします。

とはいえ、40%も取るのかよ!って思うかもしれませんが、日本のギャンブルでは珍しくありません。

宝くじに関しては50%前後の還元率とされています。

日本の公営ギャンブルと言われている競馬・競艇・競輪・オートレースなどは還元率70~80%と法律で定められています。

また、日本のギャンブルで最も高いパチンコでも最大でも85%の還元率です。

ではブックメーカーの還元率はどれくらいかと言うと大体92%~98%と言われており、中には100%を超える試合も決して珍しくはありません。

過去にはブックメーカーの運営側が大損をしたというニュースは何件もあります。

サッカー日本代表FW岡崎慎司が所属するレスター・シティが、イングランド・プレミア・リーグ(1部リーグに相当)を創立132年目にして初めて制覇した。

胴元であるブックメーカーが負けた金額については1500万ポンド程度とする報道も多いが、全国紙INDEPENDENT(web版)の5月4日付記事は、胴元の払戻総額が2500万ポンド(約39億円)に達するだろうと伝えている。

全国紙INDEPENDENT(web版)から一部抜粋

ブックメーカーの還元率の高さは日本と運営方式が違うためです。

日本のギャンブルは「パリミュチュエル方式」という方式で運営されています。

これはまず運営側が賭け金をプールし、そこから一定の金額を運営側が取り分を持っていきます。

その残りを的中した方にに配当としてもらえる仕組みです。

そのため、日本の方式では絶対に運営側が損はしません。

ブックメーカーは非常に簡単に説明をすると運営側は取り分を取らずに運営をしなくてはいけないため、リスクが生じますし、運営を行う必要があるのです。

この違いが高い還元率を維持しているとも言えますし、ブックメーカーの場合、「パリミュチュエル方式」を禁止しているためプレイヤーから支持されている理由でもあります。

まとめ

ブックメーカーはリアルマネーで勝敗を予想することが出来ます。

これによってただ純粋に応援する以上にリアルマネーを賭けて応援するので熱の入りようが違います。

逆に普段応援をしていてもリアルマネーを賭けることで、強豪チームと当たってしまった時は強いほうに賭けてしまったりと新しい選択肢が増えたりもします。

これまではブックメーカーと言えば海外の試合がほとんどだったのですが、近年ブックメーカーの利用者が日本でも急増しているということを受け、日本のプロリーグでのベットの選択肢も増えてきています。

政治などにも強い人はその専門分野を活かした知識でベットしてもいいのではないでしょうか?

 

おすすめの記事