カジノ場での振舞い方やルールについて

オンラインカジノでルールを覚えたから一回はカジノ場に行って遊んでみたくなります。

しかし、カジノ場に行くのであれば気をつけなきゃいけないことも沢山ありますので事前に把握しておきましょう。

オンラインカジノでプレイをしてゲームを楽しんでいたら絶対に本場のカジノ場でプレイをしたくなります。

映画で見たような豪華絢爛な世界に興味がない人なんていません。

ただ、実際に日本人が観光地先にあるリゾートカジノに来てもただ外観を眺めているだけで実際に足を踏み入れない、もしくはただ覗くだけの状況の人もいますが、カジノ自体のルールがよく分かっていないためです。

たしかにルールが分からなかったら参加しづらいものです。

逆に現地の言葉が分からなくてもルールさえ把握していたらルールは世界共通だから参加しやすいわけで、現地の言葉が話せてもルールが分からなかったら参加しづらいものです。

その点、オンラインカジノでフリープレイなどでゲームをすれば自然と覚えていくわけです。

だからこそルールを覚えたら本場のカジノ場にいって楽しみたくなるわけです。

旅行先でカジノ場で友達や恋人・家族を連れてカジノでドヤ顔をしながらゲームが出来るわけです。

ここではゲームのルール以外にも必要なカジノ場での立ち振る舞いやルールやマナー、用意をしていくものを把握しておきましょう。

カジノ場での基本ルール

どんな場所でもルールがあります。

郷に入れば郷に従えという言葉があるようにしっかりと基本のルールを把握してからカジノ場に行ったほうがいいですし、後悔をすることにもなってしまいます。

年齢制限と年齢確認書は必要


カジノ場には誰もが入れると勘違いしている人もいますが、日本のギャンブルと同様にカジノ場には基本的に年齢制限が設けられているということを覚えておいて下さい。

場所によっては顔などで判断されてそのまま年齢確認されることなく通ることが出来るケースもありますが、日本人の特に女性は若く見られるのでほぼ間違いなく年齢確認を求められることでしょう。

チェックされる前提でパスポートを用意しておかないと最悪入ることが出来なくなってしまいます。

またカジノ場も国や州などによって入場許可の年齢が変わってきているから注意が必要です。

大体は20歳以上からオッケーでラスベガスでは21歳以上で無いと入場することは出来ません。

ちなみにオンラインカジノでも基本は20歳以上でのプレイが原則です。

行く国や州によって法律で年齢制限に違いがあるので事前にネットなどで確認をしておかないとカジノ場の前でただ眺めているだけに終わってしまいますのでチェックは必要です。

ギリシャなどでは23歳などで入れたりと本当にバラバラですので気をつけましょう。

20代前半は気をつけましょう。

スーツやドレスは必須?

堅苦しいスーツなんて着ていられないから適当にリゾートカジノなんだからアロハシャツに、ビーチサンダルで入場出来ると思っている人も多いです。

ただそんな格好をしていたら場所によってはふさわしくないって入場不可にされてしまう場所もあります。

ある程度入場する際の規制も緩くなってきてはいいですが、ただどうせだったらカジノ場に行くのであれば思いっきりオシャレして行った方が良いと思います。

ハリウッド映画や海外ドラマなどに出てくるカジノ場ってみんなオシャレでタキシードを着ていたり女性もドレスに身を包んでいて煌びやかな格好をしている印象がありますよね。

半そで短パンにビーチサンダルでは論外です。

比較的緩くなっているとはいえ、男性はジャケットを羽織るカジュアルオフィスで女性はちょっと高めの高級レストランに行く時ぐらいの服装が目安です。

重厚な雰囲気のカジノ場に行くのであれば出来る限りスーツやドレスを身を包んだ上でカジノ場に行った方がその場の雰囲気にマッチしてより素敵な空間を満喫することが出来ます。

どうせ非現実の空間なんだ!思う存分オシャレしちゃっていいと思います。

カジノ場は「かっこよく着飾る紳士淑女の大人の社交場」ですからこんな時ぐらいかっこつけましょう。

タバコは吸っても大丈夫?

タバコ好きの人からするととても気になるのがタバコが吸えるのかどうかってことですよね。

今現在は世界的に禁煙の流れになっていて喫煙者の方は形見が狭くなっていることでしょう。

真剣勝負の場ではタバコや葉巻で気持ちを落ち着かせたくなるものですよね。

禁煙化の流れによって全面禁煙のカジノ場も出てきていますが、食事を提供しないバーでのみタバコがオッケーだったり、完全に喫煙と禁煙に分けられているところもあったりと場所によってはまだまだタバコを吸っても良いというところのほうが多いです。

あまり厳しく取り締まってしまうと客足が遠のいてしまうということで分煙化はされていますが、喫煙可能の場所はどんどん少なくなってきているのも事実ですので必ず確認をしておきましょう。

ただ、一方で国や州では全面禁煙の国でもカジノ場だけはオッケーという所もあるように、カジノ場では喫煙に寛容なところも多いです。

場所によって離れた場所にあったりするため、愛煙家の方はカジノ場に行く前にタバコが吸えるのかどうかや吸える場所が何箇所でどこにあるのかは把握しておいたほうがイライラしなくて済むと思います。

営業時間や食事は?

カジノ場にせっかく来たんだから美味しいご飯が食べたい!

食事に関してだが、リゾートカジノではフランス料理・イタリア料理・中華・和食など様々な店舗が入っていて食べ物には困りません。

カジノ場には併設されている高級レストランが立ち並んでいるところもありますが、高級レストランだけではなくてご当地のファーストフードなども入っていて比較的リーズナブルな料理も食べることが出来ます。

さらにリゾートカジノの周辺には気軽にファミリーレストラなども近くに沢山あるから家族連れでも気軽に食事をすることも出来ます。食事はどこでも摂ることが出来て困ることはまず無いでしょう。

あと、お酒はカジノ場内では飲み放題です。飲み放題だったら遠慮なく飲みまくってやろうと思うかもしれませんが、ベロンベロンに酔っ払った状態でギャンブルなんてしたらすぐにお金が吹っ飛んでしまいます。

お酒は飲み放題だけど、気付けに一杯ぐらいで抑えておいたり、友達同士でこれはもう勝負ではなくて楽しむためのお酒として割り切るようにしましょう。

逆にソフトドリンクの場合はお金を支払うシステムとなっています。

カジノの営業時間についてもは気になるところだと思うが、安心しろ。ほとんどのカジノ場では24時間営業だから何時に行っても参加することが出来るぜ!

また基本的に出入りも自由なところが多く24時間営業ですので、観光にも行きたいけれど時間が空いているかな?とかは心配しなくてもです。

カジノ場では自由です。

むしろカジノの居心地が良すぎてしまって観光地めぐりに行くのを忘れてしまったということにはならないようにしましょう。

カジノでのNG行為やマナーについて

ついつい観光地として遊びに来ているためハメを外してしまいがちだがルールをしっかりと守って楽しむようにしようぜ!

子連れはNG(キッズコーナーの有無)


よく勘違いされていますが、カジノ場に子連れでいくことは禁止されています。

よく乳幼児で抱きかかえていればカジノ場に連れて行けると勘違いしてしまう人もいますがカジノ内への入場は禁止されています。

子供を連れて入ろうとすると入場のタイミングで断られてしまうのでせっかくカジノ場まで来たのに引き返すことになるのは悲しいものです。

ただ、子供を連れてカジノに行く際にはキッズコーナー(キッズルーム)が併設されているカジノ場もあります。

カジノ場に併設されているキッズコーナーは有料ですが、子供たちがゲームをしたり、ジュースを飲んだりすることができるため、子どもたちをここの施設に預けたりすることができるわけです。

ただ、どのカジノ場にも併設されているわけではないため、必ず行く前に確認することと、どちらか一方は必ず近くにいる必要があるということは頭に入れておきましょう。

台のかけ持ちをする

楽しいスロットゲームが沢山あるからどれこれもやりたい!そうだ!台を取っておこうとするのはいけません。

他の遊びに来たお客さんの迷惑になりますし、トラブルにもなりますので絶対にしてはいけません。

カジノ場でも人気があるスロット台ですが、1人が複数の台をかけもちをして使うのは禁止行為にあたります。

これは日本のパチンコやスロットでも同じですよね。

人気やオススメの台を独り占めする行為はせずに1つの台でプレイしましょう。

また当たらないからといって台を叩いたり揺らしたりするような行為をすると警備の屈強な男達に止められますので、のめり込んで熱中しすぎないように注意しましょう。

大げさに騒いだり、ディーラーに文句を言う


もう全然勝てないからインチキしているだ!みたいなことを絶対にディーラーなどに文句を言ってはいけません。

ギャンブルをしているとついつい熱中をしてしまうもので、ましてや海外へ旅行に行っているとなってついつい強気になってしまうが絶対にしてはいけません。

ディーラーというのはいわばカジノの顔であり、その顔に文句を言うのはカジノ場に難癖をつけてドロをかける行為にあたります。

その場合、カジノ側も最初はきちんと話を聞いてくれるが、しつこかったり、他のお客さんの迷惑になるようなことをする場合は、容赦ありません。日本とは対応が違います。

また過度に騒いだりしてしまうのもいません。ついつい集団で参加していると騒ぎ立ててしまうのが人の習性なのかも知れませんが、大げさにリア中アピールをするような行為をしてはいけません。

あくまでも紳士淑女の大人の社交場ですのである程度盛り上がる分にはいいですが大げさに騒ぐようなことは止めておきましょう。

まとめ

オンラインカジノでプレイをしていたらいつか本場のカジノ場に行ってみたいと思うだろうし、やはりカジノ場に行ったからには楽しみたいですよね!

今はお隣の韓国だったら、日帰りでカジノを楽しんだりすることも出来ますし、格安航空チケットなども販売されているためより海外への旅行が身近になり気軽に行けるようになりました。

だからこそカジノ場でのマナーをしっかりと守った上で楽しむようにしましょう。

事前に必ず年齢制限や喫煙の有無などを調べてからルールやマナーを守って楽しむことがステキな思い出になることを肝に銘じておきましょう。

おすすめの記事