BlueprintGaming社の特徴と評価

BlueprintGaming社は2008年にドイツの「Gauselmann/ガウセルマングループ」の企業の元、イギリスにあるゲーム開発会社として誕生しました。

2008年から本格的なオンラインスロットゲームに参入し、より国際的な活動へと進めていったのです。

資本力豊富な企業のもとでスロットゲーム開発に特化し、イギリス、ドイツ、イタリアをはじめ世界中で利用されています。

これまでに数多くのテレビドラマや映画を題材にしたゲームなども開発されています。

世界中でオンラインとモバイルで楽しめるゲームを作っていくことをゴールとし、日々開発を行っています。

日本でも大ヒットした「Casper/キャスパー(1995年)」の映画もスロットゲーム化して話題になりました。

ここ最近では「Ted/テッド(2013年)」のゲームなどもあります。

BlueprintGaming社の特徴と評価について紹介していきます。

BlueprintGaming社の特徴

BlueprintGaming社の珍しい所はオリジナルコンテンツだけでなく、他社から依頼を受けてゲーム開発をするということでもあります。

圧倒的なゲーム開発環境が整っているからこそできるとも言えます。

ゲームの内容はシンプルな構成となっていますが、ところどころにBlueprintGaming社らしさを醸し出していて、多くの国で高い評価を受けています。

英国を拠点とする大手ゲームスタジオであり、英国、ドイツ、イタリアの10万台を超えるランドゲーム端末でゲームをプレイすることも可能です。

大きなボーナスと期待値の高い爆裂機タイプから、リスクを抑えたゲームまで、プレイヤーの好みにあったゲームを幅広く提供しているため、その日、その時の気分に合わせて楽しむことが可能です。

スロットゲームに関してはリアル系よりも動物やかわいらしいキャラクターが中心のものが比較的多いです。

BlueprintGaming社の評価

BlueprintGaming社は日本ではまだ、名前が知られていないかもしれませんが、世界的な評価は高いゲームプロバイダー会社です。

まず、2008年から10年以上に渡ってオンラインカジノ市場に携わってきており、「キャスパー」や「Ted」といった日本でも有名な映画とタイアップしてゲーム展開が出来るということは企業としての信頼も高いです。

様々なテーマだけではなく勝つときは大きく勝つことが出来る爆裂機や小さいリスクでコツコツ勝利を積み重ねていくゲームなど様々なものがあるのでプレイヤーの好みにあったものをプレイすることが出来ると言えます。

日本のオンラインカジノ市場においても今後導入されることが増えることは予想されます。

利用できるオンラインカジノ

・ビットカジノアイオー

まとめ

BlueprintGaming社はドイツの「Gauselmann/ガウセルマングループ」の元でオンラインカジノ業界に2008年から開発を進めてきました。

日本ではあまり知られていなくても、ゲームプロバイダーで言えば中堅どころのポジショニングで海外ドラマや映画とのタイアップなどでもたびたび話題に上がっています。

テーマ自体はどのゲームプロバイダー会社も基本的には似てしまうものですが、様々なゲームを提供していて、どれもシンプルな構成で誰もがすぐに始められるように工夫がされています。

BlueprintGaming社は日本でもプレイできるところが増えてほしいゲームプロバイダー会社です。

おすすめの記事