Studio City Macau / スタジオシティ・マカオ

2015年10月27日についにオープンしたアジア最高峰のエンターテイメント・リゾート施設という名のもとに「Studio City Macau / スタジオシティ・マカオ」です。

総工費3900億円もの費用をかけて作られたリゾート施設はまさに圧巻です。マカオで初めて「ノンゲーミング」「ファミリー」に重点を置いており、マカオに家族旅行に行くのであれば絶対に足を運んでみたいリゾート施設です。

スタジオシティ・マカオの特徴

独特のギラギラ感を思わせるエンターテインメントシティ「スタジオシティ・マカオ」。

「マカオ=カジノ」しかない思っていますが、マカオは近年カジノのイメージを払拭するべく開発が進んでいてその中でも「ノンゲーミング」「ファミリー」に重点を置いた大型リゾートホテル「スタジオシティ」を徹底解剖します。

ハリウッド映画をテーマとしているのも特徴で、世界中の誰にも受け入れられています。

ハリウッドスターが登場したオープニング・セレモニー

映画をテーマにしたリゾート施設「スタジオシティ・マカオ」は莫大な予算が組まれて建設されました。

満を持してオープンしたセレモニーにおいては、世界の歌姫マライア・キャリーをはじめ、ロバート・デ・ニーロ、レオナルド・ディカプリオ、ブラッド・ピットが出演、マーティン・スコセッシ監督がスタジオシティをテーマにしたショートフィルム「The Audition(原題)」が上映され、大成功をおさめ、その成功ぶりに日本でもニュースに上がったほどです。

今までのマカオを一新させるリゾート地です。

子供から大人まで楽しめるエンターテイメントリゾート

スタジオシティ・マカオでは子供から大人まで楽しめる要素が満載です。

1つ1つがこだわりを持ったエリアであり、ここでしか楽しめないアトラクションや遊びが盛り沢山です。

世界初の8の字型観覧車「ゴールデン・リール」

スタジオシティ・マカオの正面にそびえたつ象徴的な建造物であり、実際に観覧車として乗ることが出来るのが、名物「ゴールデン・リール」です。

ここに来たら必ず乗っておきたい乗り物であり、地上130mからの絶景を眺めることが出来ます。

シースルーのゴンドラは迫力満点です。

WARNER BROS. FUN ZONE(ワーナーブラザーズ・ファンゾーン)

子供が遊べるキッズランドでであるワーナーブラザーズ・ファンゾーンではトムとジェリーやスーパーマン、バットマンなどの世界に入り込んだような世界観がテーマの屋内施設です。

キャラクターの世界を再現しており、壁を登ったり、ジャンプしたりとアクティブに遊べるアクティブアリーナや、スポーツカーでレース気分を味わえるスーパーヒーローレースウェイなど4つのフロアにわたって様々なアトラクションが用意されています。

小さなお子様向けのプレイグランドも用意されているだけです。

小さい子供だけでなく、ある程度大きな年齢になったお兄ちゃん・お姉ちゃんでものびのびと思う存分遊べるとあって大人気です。

子供に混じって大人も楽しめます。

4Dアトラクション「バッドマン」

よりスリルを味わうのであれば、『BATMAN DARK FLIGHT(バットマン・ダークフライト)』がおすすめ。

バットマンを追いかけてバットマンの世界観であるゴッサム・シティを飛び回る3D映像とともに水しぶきや燃え盛る炎、ドーナツショップの甘い香り、座席が動き回ったりと特殊演出によってよりその場の臨場感を味わうことができ、スリリングな映像を楽しめます。

世界的イリュージョニストのマジックアトラクション

本場のマジックを眺める機会をぜひともマカオで楽しみましょう。

「日本のレインボーブリッジを消した男」として日本でも話題になった世界的に有名なマジシャンの「フランツ・ハラレー」氏がプロデュースした世界中で称賛を浴びた驚きを体験することが出来ます。

レジェンドヒーローズパーク

スタジオシティ1階には、最先端のデジタル技術とスポーツを掛け合わせた体験型テーマパーク「レジェンドヒーローズパーク」が入っています。

2,000坪のエリアに、「スポーツ」「ジュニア(子供向け)」「ゲーム(主にアーケード)」「VR」「SIGNATURE(映像)」「ライフスタイル」をキーワードとした6つのプレイゾーンで構成され、約50種類のアクションコンテンツで大人から子どもまで楽しむことができます。

レジェンドヒーローズパークだけでも1日中遊ぶことが出来ます。

充実したショッピングモール

スタジオシティ内のショッピングモール「ザ・ブルーバード」は、屋内にニューヨークタイムズスクエアやビバリーヒルズの街並みが再現されたエリアが存在しており、広大な敷地面積の中に美しいモールには高級ファッションブランドや人気のジュエリーブランドが軒を連ねています。

ショッピングを周るだけでも遊ぶことが出来ます。

250台のゲーミングテーブルを要するカジノ

「ノンゲーミング」「ファミリー」でも楽しめるスタジオシティマカオですが、もちろんカジノも充実した内容となっています。

ゲーミングテーブルだけでも250台で、スロットゲームは1500台以上を誇ります。

日本でも人気のブラックジャックやバカラなどをはじめとして色々なゲームを味わうことが出来ます。

カジノゲームの種類

スタジオシティ・マカオで遊べるカジノゲームは以下のとおりです。

  • バカラ
  • シックボー(大小)
  • ブラックジャック
  • フォーチュンスリーカードポーカー
  • カリビアンスタッドポーカー
  • クラップス
  • ルーレット
  • 電子ルーレット
  • 電子シックボー(大小)

 

スタジオシティ・マカオの基本情報

住所 Estr. do Istmo, マカオ
電話番号 +853 8865 8888
カジノ入場制限 満21歳以上
ホームページ https://www.studiocity-macau.com/en
ドレスコード スマートカジュアル
日本語対応 スタッフによる
託児サービス あり
喫煙の有無 喫煙エリアあり

まとめ

マカオにある数あるリゾート施設の中でも3900億円もの巨額の建設費用をかけて誕生したのが「Studio City Macau / スタジオシティ・マカオ」です。

近年の流れとしてマカオも家族で遊べるエンターテイメント施設の流れになっている中でスタジオシティ・マカオは家族連れで遊べる場所として最上位の施設です。

子供にとっても忘れることが出来ない場所ですし、大人も子供と一緒に遊べる場所となっています。

1日だけでなく何日でも遊べるのがスタジオシティ・マカオです。

家族連れや友達同士でぜひとも遊んでみましょう。

おすすめの記事